風俗情報クラブ ル・シエル

風俗情報クラブ ル・シエル

デリヘルを中心とした風俗情報を更新中!

ビギナーは失敗がつきもの

予約をすることがベスト

風俗遊びとは特殊な遊びであることから、ビギナーにとって分からないことだらけでしょう。
そのため、どのような風俗ファンも初めての風俗遊びにまつわる失敗談があるものです。
中でもデリヘルで多い失敗談は、予約をせずにチェックインしてしまうことでしょう。
デリヘルはお客さんが先にラブホテルにチェックインをして、そこからデリヘルに電話をして女性を呼び出します。
しかし、週末の夜など混み合う時間帯でしたら、希望する女の子の予約が埋まっていることもあるのです。
こうなってしまうと、ラブホテルにチェックインしているのでラブホテル料金はすでに発生しています。
そのため、諦めるにしてもラブホテル代を払わなければなりません。
どうしても遊びたい女性が決まっているのであれば、予約をしてからラブホテルにチェックインをしましょう。

そのほかに初めてのデリヘルで起こりがちな失敗談として、チェンジの問題があります。
デリヘルとはホームページに掲載されたモザイク入りの写真で女性を選びます。
そのため、期待外れの女性がやって来るケースもあるのです。
このため、多くのデリヘルはチェンジシステムを設けており、女性をチェンジすることができます。
しかし、いざ女性を目の前にするとチェンジを伝えることができないもの。
そこでおすすめしたい方法は、「自分の妹に似ているからチェンジをして欲しい」と伝えてください。
チェンジを伝えられない理由は「相手を傷つけてしまうのではないか」と考えるからでしょう。
しかし、「妹に似ている」という言い方であれば相手を傷つけることがありません。
これはビギナー以外にもおすすめのテクニックです。

本番強要によるトラブル

初めてのデリヘル遊びで最も起こりやすい失敗談は、本番強要によるトラブルでしょう。
デリヘルのルールを知っていれば常識なのですが、デリヘルで本番強要は最大のNG項目なのです。
しかし、それを知らずにデリヘル遊びをするビギナーは少なくありません。
もちろん、軽い本番強要であれば少し注意されるだけで済みますが
あまりにしつこく本番強要をしてしまうとスタッフを呼ばれてしまうでしょう。
こうなってしまうとプレイが中止になり、出入り禁止になってしまいます。
本番をしてしまうとデリヘルが営業停止になる可能性もありますので
どのデリヘルも本番強要に対して厳しい対応を行っているのです。

ジャンル

最新記事